1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:24:14.37 ID:hmsBERsr0

──魔王ロマネスク城

(::::::::::::::::::::) 「……」


( <●><●>) 「ロマネスク様、お客人です」


   ( <●><●>)  召使い
   (]づ<V>´]つ   ワカッテマス
    / / :ヽ|
   ´(__)_)


(::::::::::::::::::::) 「うむ、通すがよい」

( <●><●>) 「はい。では、こちらにどうぞ」


(=゚ω゚) 「失礼するょぅ」

(-;@∀@) 「し、失礼します!(うわぁ怖そうな後ろ姿……)」

(::::::::::::::::::::) 「……」

(-;@∀@) (む、無言でバルコニーから外を眺めてるよ……)




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:25:54.50 ID:hmsBERsr0

(-;@∀@) 「わ、私はアサピーと申します!」

(=゚ω゚) 「イヨウだょぅ。よろしく~」


(::::::::::::::::::::) 「ふむ、アサピー殿にイヨウ殿だな」


(::::::::::::::::::::) 「吾輩は……といっても既に知っておろうな」

(::::::::::::::::::::) 「だが、 あ え て 名 乗 ら せ て も ら お う !!」

( ФωФ) クルッ



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:26:40.68 ID:hmsBERsr0

    ∧__∧  
    (`ФωФ)   吾 輩 の 名 は 杉 浦 ロ マ ネ シュ ク!!
    /~~~〉 〈/つ    こ の 魔 王 城 の 現 当 主 で あ りゅ!!
   ノ  ノ|  |.│  
 ´~ (__),__)ゝ


 デデ──(`ФωФ)──ン


( <●><●>) (-;@∀@) (=゚ω゚) (二回も噛みやがった……)


 ドヨ──(l!'ФωФ)──ン

(;-@∀@) (ヘコんだ!!)



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:28:29.73 ID:hmsBERsr0

(l!'ФωФ) 「すまぬ、ワカッテマスよ。テープを止めてくれ……」

( <●><●>) 「了解です」
  つ[ ◎]と ジー


(;-@∀@) 「録画!?」


(l!'ФωФ) 「不覚……。実に4年ぶりの来客ゆえに舞い上がってしまった……」

(l!'ФωФ) 「嬉しなって新しいマントもおろしたのに……」

(-;@∀@) 「そんなに楽しみにしてたんですか!?」


(l!'ФωФ) 「それなのに、なんかマントのサイズも合ってないし」

(l!'ФωФ) 「大事な場面で噛むし……」

(l!'ФωФ) 「はぁ……」

(-;@∀@) 「口調も変わってる!? キャラが違いませんか!?」

(=゚ω゚) 「アサピーくんもキャラがだいぶ違うょぅ」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:29:49.29 ID:hmsBERsr0

( <●><●>) 「そんなに気を落とされることはありませんよ。失敗は誰にでもあります」

(l!'ФωФ) 「そうは言ってもな……」

( <●><●>) 「アナタがそんなことでどうするんですか。お父上が悲しまれますよ」

(l!'ФωФ) 「うーむ」

( <●><●>) 「アナタのお父上の──先代の最期の言葉をお忘れですか?」

(l!'ФωФ)「!」




  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ━━━━━━━━━━━━
                     ━━━━━━━━
                         ━━




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:30:46.94 ID:hmsBERsr0

                         ━━
                     ━━━━━━━━
                  ━━━━━━━━━━━━
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(-;@∀@) 「あれ、回想は!?」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:32:25.37 ID:hmsBERsr0

( ФωФ) 「……?」

(-;@∀@) 「忘れたんですか!?」


( <─><─>) 「先代は──アナタのお父上の最期は大変立派でした」

( <●><●>) 「あの時、先代が身を呈して庇って下さらなければ……」

(。<●><●>) ホロリ 「今の私たちは先代の死があってこそです!!」

(-;@∀@) 「泣いた!?」

( ФωФ) 「ん……あぁ……そーだな」

(-;@∀@) 「相槌テキトーすぎません!?」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:33:14.29 ID:hmsBERsr0

( ФωФ) 「ありがとうワカッテマスよ。吾輩、自分を忘れるところであった」

(。<●><●>) 「それでこそ我が主です……!!]


( <●><●>) ケロッ 「さぁ、お客人の御もてなしを」

(-;@∀@) (切り替え早ッ!!)

( <●><●>) 「えぇ、優秀な召使いですから」

(-;@∀@) (心を読まれた!?)


                         「優 秀 な 召 使 い な ら 当 然 で す」
                (-;@∀@) (<●><●> ) グググッ
「ちょ近い!! こっち見ないでください!!」


( ФωФ) 「はっは愉快愉快」

(=゚ω゚) 「まったくだょぅ」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:34:14.08 ID:hmsBERsr0

( ФωФ) 「ふむ。して、お主らは何用なのだ? 特にそこのメガネ、テンション高いぞ」


(=゚ω゚) 「ホント、テンション高いょぅ。さすがのイヨウも少し引いたょぅ」

(-;@∀@) 「す、すみません……。つい我を忘れてました」

( <●><●>) 「まぁ、そういう役ですからね」

(-;@∀@) 「意味がわかりません」

( ФωФ) 「お主ら仲いいな」


(=゚ω゚) 「導入部が長いょぅ。早く始めないと読者が飽きるょぅ」

(´ФωФ) 「お主はドライだな……」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:35:48.63 ID:hmsBERsr0

(=゚ω゚) 「今日イヨウたちは、お願いがあって来たんだょぅ」

( <●><●>) 「お願いですか?」

(=゚ω゚) 「まぁ、百聞は一見に如かずだょぅ」

(-;@∀@) 「と、とりあえずこの地図を見て下さい」


  ∧∧
 (=゚ω゚)ノ[ MAP ] 「これだょぅ」


  ∧__∧
 ( ФωФ) 「どれどれ……」
  つ[ MAP ]と




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:40:46.14 ID:hmsBERsr0

( ФωФ) 「ん? ここいらの地図ではないか」

( <●><●>) 「そのようですが……城が載ってませんよ」


(=゚ω゚) 「それは、道路の完成予想図だょぅ」

(-;@∀@) 「た、単刀直入に申しますと……」


(-;@∀@) 「道路建設のために……」

(=゚ω゚) 「立ち退いてほしいんだょぅ」


( ФωФ)

( <●><●>)


( ФωФ) 「えっ」

( <●><●>) 「えっ」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:43:17.34 ID:hmsBERsr0

  ( ФωФ)は六畳魔王のようです

   第一話『ニューソク町!ひとり暮らしだロマ』




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:44:05.51 ID:wjoqSKJZO
魔王立ち退きwww



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:44:58.40 ID:hmsBERsr0

──ニューソク町 コーポぃょぅ


( <●><●>) 「ふむふむ、日当たり良好ですね」

( ФωФ) 「……」


( <●><●>) 「ユニットバスですか……あ、紙切れてる」

( ФωФ) 「……」


( <●><●>) 「着替え終わりましたか?」

( ФωФ) 「なあ、ワカッテマスよ」

( <●><●>) 「はい?」

( ФωФ) 「なぜ……」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:45:40.45 ID:hmsBERsr0

(♯ФωФ) 「なぜ吾輩がこんなモン着なきゃならんのだあああ!!」



   ∧__∧   リクルート
   (♯ФωФ)  就 活 魔 王
   (]づ<V>´]つ   杉浦ロマネスク
    / / :ヽ|
   ´(__)_)



┐( <●><●>)┌ 「叫ばないでください御近所迷惑です。まぁ社会経験の一環だと思ってください」

( <●><●>) 「それに私よりお似合いですよ。就活頑張って下さい」

(♯ФωФ) 「チクショおぉぉぉ!!」


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ━━━━━━━━━━━━
                     ━━━━━━━━
                         ━━




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:46:36.33 ID:hmsBERsr0

──数時間前の魔王ロマネスク城


(;ФωФ) 「ちょ、ちょっと待つのである!!」

(=゚ω゚) 「ん? なんか質問でもあるのかょぅ?」

(-;@∀@) 「いや、当然の反応ですよ」


今更なご紹介
   役所の職員ふたり

  ∧∧
 (=゚ω゚)  イヨウだょぅ
  l :| フ
 ノ___ノ_ゝ

(-@∀@)  アサピーです
( ヽV/)
| | |
(__)_)


(-;@∀@) 「というかイヨウさん、今更ながらその格好は?」

(*´ω`) 「いょほっほっほ、ようやくコスプレに気づいてくれたかょぅ」

(-;@∀@) 「さっき(=゚ω゚)ノってやってましたよね? 手、違いませんか?」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:47:47.78 ID:hmsBERsr0

(;ФωФ) 「お、おいそんな事より……」

(*´ω`) 「ロマっちの言う通りだょぅ。そんなコトは気にするなょぅ。」

(;ФωФ) 「ロマっち!? いや、コスプレのことではなくてな……」

( <●><●>) 「どこかで見た格好ですね」

(*´ω`) 「お、分かる? イメージは山奥の小学校の保険医だょぅ」

(-;@∀@) 「はぁ、なるほど」

( <●><●>) 「あれは名作ですよね」

(;ФωФ) 「しれっと話に加わるなワカッテマス!!」

( <●><●>) 「すみません、つい」


(;ФωФ) 「と、とにかく!! 何ゆえ立ち退かねばならんのだ!!」

(*´ω`) 「細かいことは気にするなょぅ」

(#ФωФ) 「細かくないわ!!」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:48:57.55 ID:hmsBERsr0

(=゚ω゚) 「でも決定事項なんだょぅ」

(#ФωФ) 「知らんわ!! 第一、許可なく勝手に決めるでない!!」

(=゚ω゚) 「あ、すでに許可は取ってあるんだょぅ」

(#ФωФ) 「何だと!? 吾輩は許可なぞ──」

(=゚ω゚) 「キミに、じゃないょぅ。キミのおとーさんにだょぅ」

(;ФωФ) 「父上に!?」

(=゚ω゚) 「だいぶ昔のコトだょぅ」

( <●><●>) 「先代存命の時に……ですか」

(=゚ω゚) 「道路建設の際には立ち退くと、同意したうえで建てた城なんだょぅ」

( <●><●>) 「先代は後々、新しい城を別所に建てましたからね」

(;ФωФ) 「ここは別荘感覚で建てた城なのか……」

( <●><●>) 「いや、それよりも軽い気持ちでかと」

(=゚ω゚) 「ちゃーんと同意書もあるょぅ」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:50:40.24 ID:hmsBERsr0
                     あっち
(;ФωФ) 「うぐぐ……しかし吾輩、魔界には帰りたくないのである……」

( <●><●>) 「永住権も取得してますしね」

(=゚ω゚) 「そうなのかょぅ。あ、ならウチにくる~?」

( ФωФ) 「ウチとは?」

(=゚ω゚) 「イヨウはアパートの経営もしてるんだょぅ」

(;ФωФ) 「なるほど、しかしなぁ……」

( <●><●>) 「家賃は御幾らで?」

(;ФωФ) 「ワカッテマス!?」


( <●><●>) 「ロマネスク様、この際ですから厄介になりましょう」

(;ФωФ) 「ど、どうしたのだ急に?」

( <●><●>) 「予定調和の気配がしませんか?」

(;ФωФ) 「そんな理由で住めと!?」

( <●><●>) 「ご都合主義があってナンボですよ」

(;ФωФ) 「お主、作者に買収さ( <●><●>) 「禁則事項です」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:53:03.85 ID:hmsBERsr0

( <●><●>) 「それに魔界には帰りたくないのでしょう?」

(;ФωФ) 「ん、まあな……。今帰っては面目がたたん」

(-;@∀@) 「な、なにかあったんですか?」

(;ФωФ) 「まぁ色々とな」


(;ФωФ) (親子喧嘩で飛び出してきたとは言えん……)


( ФωФ) 「よしイヨウ殿」

(=゚ω゚) 「ん? 住む気になったかょぅ?」

( ФωФ) 「うむ、厄介になるぞ」


(=゚ω゚) 「わかったょぅ。それじゃさっそく運び出すモノを選別して出発だょぅ」

(;ФωФ) 「ん? い、今すぐなのか?」

(=゚ω゚) 「そうだょぅ」

(-;@∀@) 「明日から取り壊し作業です。予定が押してまして……」

(;ФωФ) 「なんでそんなギリギリに来たのだ!?」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:55:04.20 ID:hmsBERsr0

(=゚ω゚) 「だいぶ前からアポを取るべく、電話連絡はしてたんだょぅ」

(-;@∀@) 「ですが、どういうワケか繋がらなくて……」

( <●><●>) 「あ、なるほど」

(;ФωФ) 「ワカッテマス、なにか知っているのか?」

( <●><●>) 「ネットサーフィンですよ」

( ФωФ) 「あぁ、お主がよくやってる……それがどうしたのだ?」
   _,
( <●><●>) 「この城、ダイヤルアップなんです」

(#ФωФ) 「お前のせいか!!」

(=゚ω゚) 「それに何度かこの城に来てるんだょぅ」

(-;@∀@) 「ですがその都度、誰もいらっしゃらないようで……」

( <●><●>)~♪

(#ФωФ) 「働かんか!!」

( <●><●>) 「それはお互い様です」

(;ФωФ) 「うぐッ!!」

(=゚ω゚) 「業者に連絡するから作業に取り掛かってくれょぅ」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:56:12.23 ID:hmsBERsr0

──ニューソク町 コーポぃょぅ前

从 ゚∀从 「ん? 引っ越し屋のトラック?」


(=゚ω゚) 「ここだーょぅ」

从 ゚∀从 (ん……イヨウじゃねぇか。あと二人……? 入居者か?)


( ФωФ) 「ふむ」

( <●><●>) 「ふむ」

从;゚∀从 (な──ッ!?)


( ФωФ) 「ほう、このアパートか……」

( <●><●>) 「そのようですね」

从;゚∀从 (マ、マント!? 燕尾服!?)


( ФωФ) (普通だな)

( <●><●>) (普通ですね)

从;゚∀从 (普通じゃねぇ──!!)



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:57:01.95 ID:hmsBERsr0

从;゚∀从 (な、なんなんだアイツらは!?)


(=゚ω゚) 「部屋はこっちだょぅ」

从;゚∀从 (部屋? やっぱり入居者か!?)


(=゚ω゚) 「この部屋を使ってくれょぅ」

从;゚∀从 (ん? 一階の西から二番目!?)


( ФωФ) 「うむ、わかった」

从; ∀从 (お隣さん──!?)
   ↑
一階の西端



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:57:44.90 ID:hmsBERsr0

(=゚ω゚) 「これが鍵だょぅ。荷物は既に運び込んだょぅ」

( ФωФ) 「うむ、わかった」

(=゚ω゚) 「夜に契約書とかもろもろ持ってまた来るょぅ」

( <●><●>) 「わかりました、では後ほど」

ギイ

バタン


(=゚ω゚) 「ん?」

从; ∀从

(=゚ω゚) 「どしたのハイン? 呆けてるょぅ」

从; ∀从 「おう、イヨウ。なんでもねぇよ」

(=゚ω゚) 「そうかょぅ。あ、キミの隣に新しい入居者が──」

从; ∀从 「知ってる」

(=゚ω゚)ノ 「しばらく居ることになるだろうから、仲良くやってほしいょぅ。じゃ」

从; ∀从 「おう、じゃあな」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 17:59:23.50 ID:hmsBERsr0

     从; ∀从 「……よし、設計の続きでもすっか」

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▽ はいん は げんじつ から め を そらした!
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ギイ

バタン


( ФωФ) 「ふむ、内装も普通だな……六畳か」

( <●><●>) 「あ、ロマネスク様、イヨウさんから伝言があります」

( ФωФ) 「伝言? いつ預かったのだ?」

( <●><●>) 「アナタがこの部屋に運び込むマンガを選りすぐってた時です」

(´ФωФ) 「あぁ……あれは苦渋の選択だった。残りは貸し倉庫か」

( <●><●>) 「貴重な古書類を迷わず売ったところは見損ないました」

( ФωФ) 「あんまり金にならなっかったな」

( <●><●>) 「虫食いでボロボロでしたしね。ふとどきな管理者の責任です」

( ФωФ) 「つまりお主のせいである」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:00:34.36 ID:hmsBERsr0

( ФωФ) 「して伝言とは?」

( <●><●>) 「少々お待ちを。回想の中に回想入れますんで」

( ФωФ) 「いらんこと言わんでよろしい」

                  ━━━━━━━━━━━━
                     ━━━━━━━━
                         ━━

──数時間前の魔王ロマネスク城

(=゚ω゚) 「ょぅ? あの猫眼はどこに行ったんだょぅ?」

( <●><●>) 「そう言うアナタは猫顔ですね。荷物の選別に地下倉庫へ行きました」

(=゚ω゚) 「なーる。実は伝えてほしいコトがあるんだょぅ」

( <●><●>) 「それでは後ほど直接話しては?」

(=゚ω゚) 「いや、アパートに着いた後キミから伝えてほしいんだょぅ。」

( <●><●>) 「と、いいますと?」

(=゚ω゚) 「この話をしたら、絶対にこの城を手放すのを絶対渋るんだょぅ」

( <●><●>) 「なるほど」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:01:04.03 ID:E/91zDnZ0
回想シーンやたら多いなw



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:01:41.74 ID:hmsBERsr0

( <●><●>) 「してその話とは?」

(=゚ω゚) 「この城の解体費やもろもろの費用についてだょぅ」

( <●><●>) 「……まさか我々に払えと?」

(=゚ω゚) 「そうじゃないょぅ。もちろんキミ達は一銭も払わなくていいんだょぅ」

(=゚ω゚) ゴソゴソ 「ただ……」

( <●><●>) 「ただ?」

(=゚ω゚)ノ[ 誓約書 ] ッパ

( <●><●>) 「──!! これは」


                         ━━
                     ━━━━━━━━
                  ━━━━━━━━━━━━


( ФωФ) 『……誓約書。我が友、イヨウへ。
        私ショボンは此度の魔王城建設に際し、
        貴殿の提示する以下の事項を快諾・厳守することをここに誓う。
        その一、道路開発が行われ際は、いかなる場合でも快く此処を立ち退く。
        その二、魔王城解体の際、費用として我が城の宝物庫の財産を貴殿に譲渡する。
        その三、上記の事項はこの城の城主となる者全てに適応する



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:03:07.48 ID:hmsBERsr0

( ФωФ) 「えっ」

( <●><●>) 「まだ続きがありますよ」

( ФωФ) 「……Dearショボン。
        上記の誓約に同意してくれたお礼に、
        約束通り、B’Zのライブのチケットをキミに譲渡しちゃうことをここに誓うょぅ」

( ФωФ) 「……なんぞこれ」

( <●><●>) 「見ての通り、先代がイヨウさんと取り交わした誓約書です。内容を三行で言えば」

( <●><●>) 「先代の財産
        根こそぎ
        没シュート」

(;ФωФ) 「──!?」

( <●><●>) 「ですから宝物庫の鍵を──」

(;ФωФ)ゴソゴソ 「なッ、か、鍵が無い!?」

( <●><●>) 「──渡しておきました」

(;ФωФ) 「なにしてんの!?」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:04:07.55 ID:hmsBERsr0

( <●><●>) 「仕方がないことですよ」

(;ФωФ) 「そ、そうかもしれんが、生活費はどうするのだ!?」

( <●><●>) 「ええ、これで今までのように財産を食い潰す生活はもうできません」

(;ФωФ) 「い、今の手持ちは!?」

( <●><●>) 「諭吉が2枚ほど」

( ФωФ) 「あぁ……なら当面──」

(;ФωФ) 「──って二万!? 無理無理無理無理、生活できんぞ!!」

( <●><●>) 「ええ、ですから手に職つけませんと、ひとり暮らしはできませんよ」

(;ФωФ) 「んな無茶苦茶な──」

(;ФωФ) 「──ん? ひとり暮らし?」

第一話『ニューソク町!ひとり暮らしだロマ』
              ~~~~~~~~~~~~
        ( <●><●>) 「↑ここに御注目を」

(;ФωФ) 「なんですと!?」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:05:10.47 ID:hmsBERsr0

(;ФωФ) 「おい、ワカッテマス! わけを説明せい!!」

( <●><●>) 「はて? お忘れですか、以前お話しましたよ。レッツ回想」


                  ━━━━━━━━━━━━
                     ━━━━━━━━
                         ━━

──数日前の魔王ロマネスク城

( <●><●>) 「ロマネスク様」

  ∧__∧
 ( ФωФ) 「んー?」
  つ[トライガン]と


( <●><●>) 「来月より、長期休暇を頂きたいのですが」

( ФωФ) 「おーう」


                         ━━
                     ━━━━━━━━
                  ━━━━━━━━━━━━


(;ФωФ) 「ん──思い出した」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:05:53.52 ID:hmsBERsr0

( <●><●>) 「お話した通り、来月から休みを頂きます。魔界に帰りますので」

( ФωФ) 「珍しいな。魔界嫌いのくせに」

( <●><●>) 「ネット環境が劣悪ですからね。ですが最近は光回線が──」

( ФωФ) 「んなこと、どーでもいいわ。で、なんで魔界に?」

( <●><●>) 「私には死活問題ですよ。友人が結婚するんです」

( ФωФ) 「友人ってあのそそっかしいヤツか?」

( <●><●>) 「ええ、あのビロードです。ちなみにお相手は幼馴染です」

( ФωФ) 「そうか」

( <●><●>) 「ですから、この二万を御祝儀に(#ФωФ) 「やらんぞ」


( ФωФ) 「それで、いったい何日休暇が必要なのだ?」

( <●><●>) 「そうですね……」

( <●><●>) 「1年ほど頂けますか?」

( ФωФ)

( ФωФ) 「えっ」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:06:58.07 ID:hmsBERsr0

(;ФωФ) 「いやいやいや、何日休む気なのだ?」

( <●><●>) 「日数で、ですか? つまり365日ですかね」

(;ФωФ) 「本気で一年休む気なのか!?」

( <●><●>) 「覚えてらっしゃいませんか? ビロードの家を」

(;ФωФ) 「ん──すこぶる金持ちであったな」

( <●><●>) 「ええ、ビロードは筋金入りのボンボンです」

(;ФωФ) 「まさか一年がかりで挙式を?」

( <●><●>) 「いえ、式はスグ済みます」

( ФωФ) 「だったらなぜ?」

( <●><●>) 「新婚旅行で世界一周に」

(;ФωФ) 「一緒行く気なのか!?」

( <●><●>) 「ビロードに頼まれまして」

(;ФωФ) 「新婚旅行を何だと思っているのだ」

( <●><●>) 「まったくです」

( ФωФ) 「お主もな」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:08:38.01 ID:hmsBERsr0

(;ФωФ) 「まぁ冠婚葬祭ぐらい休む権利はあるだろうが……一年か」

( <●><●>) 「気が乗らないのでは、と思いましてビロードに話をつけてあります」

( ФωФ) 「と、言うと?」

( <●><●>) ゴソゴソ「私の休暇中──」

   ( <●><●>) 「月々諭吉を10枚支( ФωФ) 「よし、楽しんでまいれ」
 つ[諭吉]]]]]]]]]]と バサッ

( <●><●>) 「早ッ」

(*ФωФ) 「これで生活が楽になるな」

( <●><●>) 「見てはならない主の本性を垣間見た気がします」


( <●><●>) 「しかしロマネスク様、それだけでは生活は厳しいですよ」

( ФωФ) 「そうなのか?」

( <●><●>) 「毎月の家賃、水道代、光熱費、食費、その他雑費」

(;ФωФ) 「うむ……」

( <●><●>) 「特に雑費です。漫画の新刊と貸し倉庫代が一番のネックかと」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:09:40.20 ID:hmsBERsr0

(;ФωФ) 「先立つモノは金か……」

( <●><●>) 「幸いイヨウさんの御好意で、礼金と今月の家賃を免除して頂いてます」

( ФωФ) 「しかしそれでも生活は厳しいか……」

( <●><●>) 「ええ、買いそろえるべき雑貨は少なくありません」

( ФωФ) 「城の家具がそのまま使えるのは僥倖であった」

( <●><●>) 「ニ○リ製品ばかりですからね」

( ФωФ) 「父上は趣味にばかり金を使っていたからな」


( ФωФ) 「しかしそうなると……残りの生活費どう手に入れる?」

( <●><●>) 「簡単ですよ。働けばいいんです」

( ФωФ) 「誰が?」

( <●><●>) σ

σ(ФωФ ) 「吾輩……?」


( <●><●>) 「どうぞ御着替えください」
  つ[<V>]と スッ



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:10:55.81 ID:hmsBERsr0

                         ━━
                     ━━━━━━━━
                  ━━━━━━━━━━━━
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(#ФωФ) 「おい、これはお主の着替えではないか?」

( <●><●>) 「その通りです」

( <●><●>) (20レス近い回想……長すぎたか)


(#ФωФ) 「どこの世界に燕尾服着て就活するヤツがおるのだ」

( <●><●>) 「前例が無ければ作ればいいのです」

(#ФωФ) 「解決になっておらんし、そんな事は聞いておらん」

( <●><●>) 「まぁまぁ、私も応援しています。明日から頑張りましょう」

(#ФωФ) 「なぜ今着せたのだ」


──次の日

( ФωФ) 「いやいや心の準備がまだ( <●><●>) 「どうぞ履歴書です。いってらっしゃいまし」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:11:41.77 ID:hmsBERsr0

( ФωФ) 「追い出された……」

(´ФωФ) 「仕方ない、行くか……」


──またんき株式会社

(・∀ ・) 「うはwww履歴書みたよww魔王ww魔王城の城主ってマジwwww?」

(;ФωФ) 「うむ、元……です」

(;ФωФ) (何なのだコイツ。それにワカッテマスめ、馬鹿正直に書きおったな……)

(・∀ ・) 「しかも燕尾服wwいいよwwwいいよキミ、面白いよwwww気にいったよwww」

(*ФωФ) 「それでは──」


(・∀ ・) 「だけどねキミ、社会人なめてんの? 面白可笑しいだけじゃ生きてけないの」

( ФωФ)

(・∀ ・) 「自覚が足りないね、自覚が。学生気分ぬけてないんじゃない?」

( ФωФ) 「いや、吾輩新卒では──」

(・∀ ・) 「今回は御縁がなかったということで。」

(・∀ ・) 「はい次の子どうぞーww」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:12:30.70 ID:hmsBERsr0


( `ー´) 「悪いけど、資格ぐらい持ってないと雇えないんじゃネーノ」


¥・∀・¥ 「キミからはお金の臭いがしないなぁ」


(゜д゜@ 「あらやだ! このご時世に大学行ってないなんて!!」


    グググッ
(#Фω(;"ゞ) 「学れk──あだだ痛い! 首絞めnあだだだ!」


    グググッ
(#Фω(;"ゞ) 「黙れ!! 揃いも揃って吾輩を愚弄しおって!!「いや意味がわからないです!!」


    グギッ!!
(#Фω(;"ゞ) 「テンプレ3どもがぁぁぁああ!!」「いやまたんきはテンプレ1──うぐッ!!」


    ピクピク
(#Фω( "ゞ) 「やめだ!! こんな活動やっておれるか!!」




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:13:50.52 ID:hmsBERsr0

(#ФωФ) 「くそ! 働かずともなんとかなるわい!!」

(#ФωФ) 「まったく、腹が減るだけの骨折り損である──ん?」


┏────────┓
│中華一番      .│
│  フサギコ飯店  │
┗────────┛


( ФωФ) 「ふむ、中華か──寄っていくかな」


ガラガラッ


ミ,,゚Д゚彡 「いらっしゃいだゴルァ!!」


       中華屋店長
   ∧,,∧       フサギコ
  ミ,,゚Д゚彡   。・゚・⌒) 「チャーハン作るぞゴルァ!!」
  ミ  o━ヽニニフ))
   しーJ



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:15:09.65 ID:hmsBERsr0

ミ,,゚Д゚彡 「お、ちょうどいい! お客さん!! このチャーハン食ってみてくれねぇか?」

( ФωФ) 「ん? 試作品か?」

ミ,,゚Д゚彡 「まぁ、そんなとこだ。御あしはいらねぇからよ」

(*ФωФ) 「それは僥倖! 持ち合わせは少ないし、炒飯は好物である!!」


( ФωФ) パクッ 「店長、恩にきるぞ!」

( ФωФ) ガツガツ


( ФωФ)

ミ,,゚Д゚彡 「どうだ?」


マズ───(l!'ФωФ)───!!


ミ,,;゚Д゚彡 「くそ! やっぱり駄目か!!」

(#ФωФ) 「あ”ぁ!? やっぱりだと!?」

ミ,,;゚Д゚彡 「すまねぇお客さん! 俺、どうしても料理が美味く作れねぇんだ!!」

(#ФωФ) 「今すぐ転職しろ!!」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:18:05.47 ID:hmsBERsr0

ミ,,゚Д゚彡 「そいつぁ出来ねぇ! 店を持つことが俺の夢だったんだ!!」

(#ФωФ) 「なら経営だけせんか!!」

ミ,,゚Д゚彡 「フッ……そいつも出来ねぇ相談だ! この店は俺意外、店員がいない!」

(#ФωФ) 「胸を張って言えたことか! 第一このマズさ──」

(#ФωФ) 「──ん? 先ほどの炒飯、味は悪くなかった……か?」

( ФωФ) 「そうだ! 時折、口の中に異物が──」

(;ФωФ) 「──って、これは……髪の毛!?」


ミ,,゚Д゚彡 フサフサ

(l!'ФωФ) オエッ

(l!'ФωФ)「髪を縛らんか! くそ、結構喰ってしまったぞ……」

ミ,,#゚Д゚彡 「ふざけんな!! これは俺のプライドなんだよ!!」

(l!'ФωФ) 「逆切れ……!? うえっ、御手洗いを借りるぞ」


( ФωФ) 「ふぅ……」

ミ,,゚Д゚彡 「すまねぇなお客さん、つい我をわすれてたぜ」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:20:41.67 ID:hmsBERsr0

( ФωФ) 「気にしとらんよ。吾輩は杉浦ロマネスクだ」

ミ,,゚Д゚彡 「俺はフサギコ。フサとでも呼んでくれ。ここで会ったのも何かの縁、仲良くしようぜ旦那」


( ФωФ) 「それより、こんな店でやっていけるのか?」

ミ,,゚Д゚彡 「お得意さんが多くてな。昔馴染みの連中がよく来てくれる。だが大衆ウケはしない」

(;ФωФ) 「一見さんお断り状態だな。いや、むしろ喰える連中がいるのか?」

ミ,,゚Д゚彡 「まぁ、あれだ……慣れ?」

( ФωФ) 「適応能力高すぎるだろ……」

ミ,,゚Д゚彡 「といっても、やはり生活は厳しい。蓄えが無ければ野垂れ死にしているな」

( ФωФ) 「蓄え?」

ミ,,゚Д゚彡 「あぁ……ここは堅気になった俺がやっと手に入れたオアシスだ」

( ФωФ) 「あまり詳しく聞きたくないな」


( ФωФ) 「!! そうだフサよ、吾輩を雇ってみんか?」

ミ,,゚Д゚彡 「アンタを?」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:22:46.11 ID:hmsBERsr0

ミ,,*゚Д゚彡 「美味いッ!! こんなチャーハン喰ったことねぇ!!」

(*ФωФ) 「ふはは! 吾輩、昔から中華料理だけは得意なのだ!!」


ミ,,*゚Д゚彡 「よし採用だ! 旦那、明日からここで働いてくれねぇか!?」

( ФωФ) 「うむ、望むところである!」


<おーいフサー? 居ないのかー?

ミ,,゚Д゚彡 「お、いらっしゃい! 今行くぜ!」

ミ,,゚Д゚彡 「すまねぇ旦那、客が来たみたいだ。悪いけど厨房をまかせられねぇか?」

( ФωФ) 「うむ、かまわんぞ。いってまいれ」

ミ,,゚Д゚彡 「悪ぃな、行ってくる。手間賃はハズむぜ!」


ミ,,゚Д゚彡 「おう、久しぶりだな!」

( "ゞ) 「やぁフサ、久しぶり」



52:ミスった……これが51の前に入ります:2010/10/08(金) 18:24:13.74 ID:hmsBERsr0

    ∧__∧  
    (`ФωФ) 。・゚・⌒) 「チャーハン作るのである!!」
     /(]つ━ヽニニフ))
    ./ / :ヽ|
   .´(__)_)━━┛

            あっ!!
    ∧__∧て     。・゚・。・゚・
    (;ФωФ)て   //
     /(]つ━ヽニニフ))
    ./ / :ヽ|   彡
   .´(__)_)━━┛

            セーフ!!
      ∧__∧    \\
      (;ФωФ)   。・゚・。・゚・
       /(]つV>´]つ┗━━━━┛
      ./ / :ヽ| U 彡
...━ヽニ´(__)_)


(;ФωФ) 「ふぅ……さあ喰ってみろ!」

ミ,,゚Д゚彡 パクッ


ウマ───ミ,,*゚Д゚彡──!!



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:25:32.05 ID:hmsBERsr0

ミ,,゚Д゚彡 「どうしたんだデルタ? 疲れたような顔してるぜ?」

(;"ゞ) 「あぁ、今日は色々あってね……」

ミ,,゚Д゚彡 「そうか」

( "ゞ) 「取りあえずいつものAセットを」

ミ,,゚Д゚彡 「おう、わかったぜ!」


ミ,,゚Д゚彡 「Aセットひとつ!!」

<ん? Aセット?

ミ,,;゚Д゚彡 「お、すまねぇ! ラーメンとチャーハンだ!!」

<うむ、了解した!

ミ,,゚Д゚彡 「あ、ラーメンは──」

<大丈夫だ! 作れるぞ!

ミ,,゚Д゚彡 「そうか助かるぜ!」

( "ゞ) 「ん? 新人さんかい?」

ミ,,゚Д゚彡 「あぁ、ついさっき雇ったんだ」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:27:04.19 ID:hmsBERsr0

( "ゞ) 「なるほど。それじゃキミの料理はもう食べられないのかな」

ミ,,゚Д゚彡 「ははは、かもな。だが新しいコックは相当腕がいい。期待しときな」

( "ゞ) 「そっか、それは楽しみだ」


<フサー! 出来たぞ!

ミ,,゚Д゚彡 「おう、今取りに行くぜ!」

<いや、吾輩が持っていこう!

ミ,,゚Д゚彡 「そうか? 悪いな助かるぜ!」

( "ゞ) (はて、どっかで聞いた声だな……)


( ФωФ) 「はい、Aセットおまちである──」

( "ゞ)

ミ,,゚Д゚彡 「デルタ、紹介するぜ」

( ФωФ)



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:29:23.51 ID:hmsBERsr0

ミ,,゚Д゚彡 「新人コックの──」

(;"ゞ)

(;ФωФ)

「──杉浦ロマネスクさんだ」


( <●><●>) 「その直後、デルタ殿は叫び声をあげながら店を飛び出したそうです。
        こうしてロマネスク様の就職が決まりました。
        なんだかんだでこの二人は結局仲の良い親友になるのですが、それはまた別のお話....。」

( ФωФ)は六畳魔王のようです 
第一話『ニューソク町!ひとり暮らしだロマ』 おしまい

第二話『あやしい隣人 発“迷”王ハイン』につづく



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:31:21.91 ID:hmsBERsr0

( <●><●>) 「以上で投下終了です。支援を下さった皆様、本当にありがとうございました」

( ФωФ) 「途中でミスったな……。うむ、取りあえず職場が決まってよかったぞ」

( <●><●>) 「そんなことよりロマネスク様」

(#ФωФ) 「そんなこと!? そんなこと、だと!?」

( <●><●>) 「御隣さんに御挨拶はしましたか?」

(#ФωФ) 「聞けよ。いや、してないな」

┐( <●><●>)┌ 「やれやれ、これだから非常識は」

(#ФωФ) 「よしんば吾輩が非常識だとしても、お前も非常識だろうに」

(;ФωФ) 「と、いうかお主毒舌になってないか?」

( <●><●>) 「ここはいわば、オマケですからね。というワケで次回は隣人に御挨拶です」

( ФωФ) 「なんでもあり、ってことか……てか無理に閉めようとしてない?」

( <●><●>) 「ただ如何せん作者は遅筆です。次回はいつになるのやら……」

(´ФωФ) 「この話もゆっくり作ったとはいえ、3ヶ月かかったからな……」

( <●><●>) 「気長な投下になってしまいますが、最期までお付き合い頂けたら幸いです」

( <●><●>)ノシ「では、またいつかお会いしましょう」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:33:57.61 ID:gIKSsAo0O
乙!
次楽しみにしてるよ



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:36:58.93 ID:fgW74erG0
乙乙ー、テンポ良くて好きだぜ
ゆっくりマイペースにやってくれ
少なくとも俺は続きをじっくり待ってるぜ!



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 18:54:09.04 ID:hYRAOXatO

完結するんならたとえ三年かかっても現行追いますよ、えぇ