hayate



shimakaze

島風(しまかぜ)は、1941年(昭和16年)に起工した大日本帝国海軍の一等駆逐艦である。島風型駆逐艦は次世代の艦隊型駆逐艦として、16隻の建造が決定していた高速で重雷装の艦隊型駆逐艦であったが、太平洋戦争開戦による戦術の変更や、水雷戦自体の可能性の低さ、手間のかかる生産から計画は放棄され、丁型(松型駆逐艦)へと移行し、島風1隻のみとなった。 書類上の分類は丙型駆逐艦(へいがた―)。
なお、島風という名は大日本帝国海軍では峯風型駆逐艦で使用されており、この内の初代「島風」も当時の日本駆逐艦としての最高速度40.7ノットを記録しており、2代目もそれに因んで命名されている。初代は1920年(大正9年)11月15日竣工。1940年(昭和15年)4月1日、哨戒艇に改装され艦種変更、「第一号哨戒艇」と改名される。2代目建造中の1943年(昭和18年)1月13日、米潜水艦「ガードフィッシュ」(USS Guardfish, SS-217)の雷撃によりオルモック沖にて戦没している。


shima2